2022年に買った本ベスト5

タイトル通りの内容ですが

すでにツイートで発表済みです。

 

 

 

 

 

 

 

2023年はどんな本が出るか楽しみですね。

わたしの2022年・2023年にやりたいこと

特別お題「わたしの2022年・2023年にやりたいこと

 

お題が出たのでブログを書きます。

やりたいことと言って宣言しつつもまだできていないプロジェクトとして

ツイキャス哲学講義という企画があります。

大体の方向性はもう決めているのですが、

なかなか準備する時間が取れず。

日本に1000万人はいると言われているスフィンクス哲学ファンには

お待たせしてしまって申し訳ないですが、

2023年こそは準備して開講しますので

しばしお待ちを。

 

なお、哲学講義に使った方がいいと思われる文献情報もお待ちしておりますので

遠慮なくおっしゃってください。

神はまだ死ぬ運命ではないと言っている

たとえ労働時間が長くなろうとも

 

食い扶持がなくなろうとも

 

私たちは明日に生かされている

 

明日が来ないやつはそこでおしまいだ

 

だが明日に愛され迎えられる俺たちは

 

明日を生きなければならないのだ

精神を研ぎ澄ます

精神を研ぎ澄ませれば

感覚を超えた経験が得られる

 

その経験は神秘主義との謗りを免れないかもしれないが

感覚によって捉えられるものをリアルというのか?

非感覚的経験は感覚的経験と同じ権限を持ってリアルとは言えないのか?

 

あらゆる経験はリアルでもありうるしリアルでないこともありうるのではないか

リアルとは何か

インターネットで関わっている人たちは

言語コミュニケーションでの伝達をできている人たちは

リアルではないのか

 

イマジナリーな場所は

リアルではないのか

 

イマジナリーであれば

不当に扱う権利を持つだろうか

 

君たちは

働きもしないで

家でダラダラしている

 

でも労働も

幻想が作り出した

無意味な循環構造から

逃れられないのかもしれないな

 

労働のために休み

休むための労働

 

この循環は本当に無意味なのか?

 

循環し終わらないこの日常こそ

本当にリアルではないのか

 

君たちは

親によって

実在化されている?