この物語はフィクションであり、実在の人物・団体・事件とは一切関係ありません

「私があの時助けていただいたカメです」

 

彼女はそう呟いた。

僕は覚えがなかった。いや、覚えがなかったというと語弊はある。

覚えてはいたんだが、そういう記憶ではなかった。

 

ある雨の土曜日、あいかわらず読書をしようと図書館に行った。

僕が読みたかったのはウンベルト・エーコの『世界文明講義』だ。

 

 この本はいい。ちょうど僕の衒学趣味的欲求を満たしてくれる。

本棚を見た。ない、ない、ない!

なぜだ。検索機で検索をしても確かに図書館にはあると表示が出る。

もう一度棚の周辺を見てみると、なんと床に落ちていた。

僕がその本を拾うと、本の下からのそのそとカメが出てくるではないか。

「なんでやねん」

その状況で咄嗟に心の中で呟いた言葉だ。

 

 

それがどうだ。いま目の前に、その時本の下敷きになっていた亀が少女になって出てきているではないか。

「なんでやねん」という言葉はこの時のために取っておくべきだったか。

いや、想像以上のことが起きているのでツッコむ気すらしない。

 

「私はあなたに恩返しがしたいのです」

 

見た目はかわいらしい少女、だがその見た目の割に声は低く、目つきは気だるそうな、いわゆる「ジト目」と呼ばれる類のものだった。

 

恩返しと言われてもなあ。。。

僕はいま、特に困っていることはない。

困っていることといえば、とりあえずその少女に引き止められているがために、家に帰って読書ができないということだろう。

夕方から英会話がある、読書会もある。そんな状況下で、引き止められたところで、どうしようもないわけだ。

その時「グーッ」という音。少女はお腹を押さえた。うむ、腹が減っているようだ。

「とりあえず、コンビニに行きますか?」

僕は言う。彼女はきまりが悪そうに、「いや、いいです」と断る。

「まあそう言わずに」

僕はとりあえず場所を変えたいというのと、とにかく早く帰りたいというのと、そう言う気持ちで家の近くのコンビニに向かうことにした。

コンビニではパンを何個か買った。僕はそれを彼女に与えようとする。

彼女は最初は遠慮して首を横に振って拒絶していたが、その間にもお腹が鳴っている。

彼女はどちらにせよ。きまりが悪いものだから、結局は諦めてパンを食べることにしたのだった。

食べた後の彼女の顔は忘れない。とても幸せそうだった。しばらく何も食べてなかったんだろう。

「おいしかった?」

彼女は何も言わず、ただただ満面の笑みで頷くばかりだった。

「で、恩返しですが...」

「今度でいいよ」

そう言って僕は彼女と別れて自宅に帰った。

 

そういえば、別の図書館ではウンベルト・エーコの『物語における読者』という本も借りておりました。

 

テクスト解釈について方法論を考えたくなり(他人の受け売りではありますが)、借りてみたものです。 

パースの記号論の話もあります。これは是非とも読むべきですね。読んだらまた感想をお伝えします。

幸せのパンケーキを一緒に食べたね

吉祥寺が好きだったあの人は

私の庭みたいなもんだと言って

ぼくをいろんなところに連れて行ってくれたよ

 

あの日は幸せのパンケーキを食べたがっていたから

2回も行ったよ

f:id:Sphinxthan:20210527201702j:image
f:id:Sphinxthan:20210527201705j:image

卵がたっぷり使われていて

ほくほくおいしいパンケーキ

君は食べきれなかったから

残りの分をぼくが食べたね

 

さすがのぼくもお腹がいっぱいだったよ

 

それから井の頭公園を散歩したり

映画を見たり カフェに行ったり

 

楽しかったね

 

 

吉祥寺は想い出がいっぱい

 

 

今でもぼく1人で行くよ

 

君もたぶん一緒だね

 

 

ありがとう

 

 

 

あの日を思い出して...

花のようにかわいらしく咲いていたね

 

f:id:Sphinxthan:20210527015112j:image

 

2人で見た絵 一緒に飾りたかったね

 

君の書いた絵 完成するのが見たかった

 

いろんなことを教えてくれたね

 

やさしくなれたよ

 

穏やかな気持ち ほわほわしていた

 

灰色の日常が彩られて

 

毎日がワクワクで楽しくて

 

不思議なことがいっぱいだった

 

あたたかい しあわせな時間

 

もう過ぎ去った時間

 

二度とは戻らないけど

 

絶対に失われることはない時間

 

記憶に残り 世界に残る

 

君は先に行ってしまったんだね

 

でも時々感じている

 

ひょっこり現れるんだね

 

君はおっちょこちょいだから

 

こっそりいるのがバレバレで

 

いつも見守ってくれてるのはわかってる

 

ほんとうにありがとうね

 

すべては僕が幸せでいるために

 

君の祈りは伝わっているよ

 

だからぼくは生きていく

 

君を感じながら 生きていくよ

 

まだ君との人生は

 

終わりを迎えていないから

 

ずっと一緒だよ

 

 

 

ふわふわ

あるとかないとか〜給料日にハイデガーを買って〜

お題「これ買いました」

 

 

今日はお給料日なので本屋に飛び込んだわけですよ

 

特に何を買えばいいかわからないまま

ふと目について平積みになっていたの本が気になりました

 

f:id:Sphinxthan:20210525210117j:image

 

ハイデガー形而上学入門』

 

「なぜ一体、存在者があるのか、そして、むしろ無があるのではないのか?」

 

という問いが何度も繰り返されます

 

存在をめぐる問い

 

哲学がたんに有用な使える学問ということではないという言葉に

勇気づけられました

 

 

ちゃんと読んだらレビューしたいですね

Twitterのアカウントを消してブログを中心とした文筆活動へ移行するスフィンクスさん

今週のお題「やる気が出ない」

 

Twitterのアカウントを消しました。

前々から限界は感じていたのですが、

140字のそれも双方向のコミュニケーションを前提としたツールは

私には向いていなかったようです。

 

私は自己表現がしたい、勉強して考えたことを伝えたいだけなので、

ブログで長文を長々と考えながら書く方が性に合っていると判断しました。

むしろ今年はブログをがんばると言っていたのにもうかれこれ2021年半分弱を

Twitterで消耗してしまったのは自戒すべきでしょう。

 

もちろん、Twitterアカウントが完全に消えないように

定期的に復活しつつ残してはおきますし、

ブログの宣伝として復活させる予定にはしておりますが、

私は今のところ、蔵書している本、借りてきた本などを

消化して思索を深め、表現しなければならないと思っております。

 

思えば一年前、緊急事態宣言下の頃は

カクヨムやなろう、ブログなどで長々と文章を書く余裕がありました。

Twitterそっちのけでね。

 

自分に合ったやり方 生活をした方がいいと思います。

ブログでのみフォローしておられる方のみへの発信ということになってしまいましたが

しばらくはそのような形で細々とやらせてください。

 

私は疲れてしまったのです。

気分的にはこんな感じです↓

f:id:Sphinxthan:20210524003346j:plain

 

こんな感じの哲学者としてぼちぼちやっていきます

書斎にこもって思索を深める自分こそ 自己のあるべき姿のような気がします

ツイキャス講義風小話企画

いいねの数だけツイキャス連続放送

という企画を考えております。

まあ思いつきですが。

 

 

思いつきついでに何を話したらいいかなと思い

真面目に講義っぽい小話でもしようかなと思いました。

リクエストを聞いたら法哲学で何か話してほしいと聞きまして、

専門外ではあるのですが、哲学・倫理学畑からおもしろそうと思えるところで

話をしてみようかなと思っております。

ただ他にもこんなトピックで話してほしいみたいなのを募集してますので、

どんどんお寄せください。

 

今度はいつもの不定期気まぐれキャスではなく

ちゃんと告知してキャスやりますので、乞うご期待!